11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
前世のリベンジで選んだ母親

先日いらした方は、なぜか小さい頃からお母さんに馴染めないという悩みをお持ちでした。

 

躾けに厳しかったのはお父さんの方で、叩かれたりもしたけれど、年老いた父親の体をマッサ−ジしてあげるのは平気なのに、お母さんには抵抗があって出来ないとのこと。

 

カウンセリングの結果、お母さんと前世での関わりがあるかどうか見てみましょうということになりました。

 

今回の前世退行催眠で、最初に出てきたのは、決闘の相手を待つ侍でした。

 

通常は、最初に出てきた人物が前世の本人なんですが、今回は違っていました。

 

その侍が好人物であることがわかるような場面がいくつか出てきたあと、その人のお嫁さんになったのが、前世の本人でした。
とても仲の良い夫婦として過ごしていたのに、近所のお婆さんに言われた話を信じたせいで、別れることになってしまいました。

 

「なんで他人の言ったことを鵜呑みにして、大切な人のことを信じられなかったんだろう!」と深く後悔して、その後の人生を過ごしていたことがわかりました。


そのお婆さんに悪意があったわけではないのですが、幸せな結婚生活を壊すきっかけを作った人なので、なんとなく嫌という気持があったのだとわかりました。

 

そして、わざわざそういう人を母親に選んで生まれてきたのは、リベンジのためでした。

 

子どもの頃から、お母さんの言うことを信じて従ってきたけど、疑問を持つようになっていたとのこと。
言われたことをそのまま信じるのではなく、自分で判断して決めることが、今世のテ−マだとわかったとのことでした。

 

 

その後、「母にハグしたくなりました!」というメ−ルが届きました。

みんなのえみりん | 前世体験 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顔=頭の中!?

ヒ−リングペッド

昨日、開田高原のサロンで、アクセスバ−ズヒプノセラピ−を行なった時に、
アクセスバ−ズの直後にいつも感じていたことが、やはり気のせいではなかったと確信しました。


受けた人の顔が変わるんです。

 

スッキリというか、無邪気な感じになるというか、一皮むけた感じというか・・・。

 

とにかく起き上がった時の顔を見た時に、いつも変化を感じていました。

 

昨日初めて、洗面所の鏡を見てもらって、本人に確かめてもらったところ、「目が澄んでる!」とおっしゃってました。

 

頭の中の不要な情報というのが、いかに瞳や顔を曇らせているかということがわかった気がします。

続きを読む >>
みんなのえみりん | 心・健康・美容 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
バジルといえばパスタ

バジル

野菜販売所で、今年最後のトウモロコシを発見!

 

すごくいい香りのバジルと中辛ナンバンも売ってたので、帰って早速、パスタを作りました。

 

テキト−に味付けたわりには、とっても美味しくできたのは、開田高原の野菜だけを使ったから?!

 

みんなのえみりん | 開田高原 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
冬に備えて薪運び

薪


今日は、松本の「暖炉館」に、注文した薪を取りに行きました。

庭で伐採した木は針葉樹ばかりで、短時間で燃え尽きてしまうので、冬場の夜中用に広葉樹の薪が必需品なのです。

草刈りの時に、コナラなど広葉樹の苗を見つけると、育ちやすい場所に移植してます。
もう10本くらいあるかな。


だけどこの苗、私が生きてるうちに薪にするのは、無理だよね;^_^
みんなのえみりん | 開田高原 | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トンデモ上司

恐竜

 

「え−っ!そんなことする?あり得ないでしょ!」というようなとんでもないことをする人は、あなたの周りにいますか?

 

先日のクライエントさんは、職場にそんな上司が来て以来、毎日困っていると話していました。

 

遅刻はしょっちゅう、

シャツがズボンからはみ出ている、

お客様の住所を間違えて入力、

時間がない時にわざわざ朝礼をする等々

毎日何かしらボケたことをして、周りがふり回されていると嘆いていました。

 

でも、そのための相談で来られたわけではないんです。

 

人間関係での緊張が強くて、無理をして、体にも症状が出てしまい、そのせいで転職まで余儀なくされたという悩みをお持ちでした。

 

その問題を根本的に解決するために、インナ−チャイルドを癒すプログラムに取り組んでいる方です。

 

前回書いてもらったワ−クシ−トでは、人間が抱えている17種類の恐怖の中から、特に強いものを三つ選んで○をつけてもらいました。

 

以下の三つでした。
・失敗することへの恐怖
・間違った事をしてしまう恐怖
・初対面の人と会う恐怖

 

「この前選んだ強い恐怖は何でしたか?」とたずねました。

 

すると、一つも思い出せなかったのです。

 

死や病気や貧乏への恐怖より強かった筈の恐怖を三つともすっかり忘れていたので、今の時点で恐怖の強さはどのくらいか聞いたら、前回が100だとすると、今はどれも30くらいとのこと。

 

なぜ、長年悩んでいた失敗や間違いへの恐怖が、そんな短期間で、忘れてしまうほど減ったのでしょうか?

 

心を癒すフラワ−エッセンスの効果もありますが、それだけではないと思います。

 

そのとんでもない上司によって、「正確にきちんとしなければいけない」という観念がガラガラと崩されたからではないでしょうか。

 

「責任ある立場にいる人が毎日ミスを連発して、それでも平気で仕事をしているというカルチャ−ショックが、

『失敗してはいけない・間違ってはいけない』という観念をぶち壊してくれたんですね。」と伝えると、

「価値観壊してくれてありがとうですね。」と笑ってました。

 

 

もし、あなたの周りにも、とんでもない人がいて困っていたら、その人は、あなたを縛っている価値観を取っ払う役目をしてくれる人かもしれませんね。

 

 

♪写真は、福井県の九頭龍湖駅前で撮りました。

みんなのえみりん | 心・健康・美容 | 21:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
発想力を与えてくれるパキラ

パキラ

6年間通っていたスタジオのトレーニングルームに置いてあったパキラ。

行き始めた頃と比べたら1.5倍〜2倍くらい成長したように思います。

スタジオが閉じられると聞いた時、パキラの行方が気になって、思いきって頼んでみたら、いただけることになりました!

引き取ってから一週間。

いつでも目に入るのがうれしい

さらに、ヒラヒラといろんな発想が浮かんでくるというパキラのおかげか、今までにはなかったアイデアが出てくる気がします。
みんなのえみりん | スピリチュアル | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
許せないという感情の解放

今回は、「自分を許せない」という思いが心の奥にあるのがわかったので、それを解放したいとのことで、ヒプノセラピ−を受けに来られた方のケ−スです。ご本人の承諾をいただいたのでご紹介します。

 

人を許せないという思いよりも深くて最後に残るのが、『自分自身を許せない』という感情であることが多いので、「これが解放できたら、軽くなりますよね。」という話をして、「自分を許せない」という思いがどのくらい強いかをチェックしました。(すごく強かったです。)

 

ヒプノセラピ−によって前世に退行しましたが、そこで出てきたのは、「自分を許せない」という思い込みが出来たきっかけとなった出来事ではありませんでした。

 

最初の場面では、洞窟の中で、フ−ドを被った15才の少年と、聖書の勉強をしている父親と兄の姿が出てきました。

その少年は、非常に怒っていました。


「神様を信じていたのに、守ってくれると信じていたのに、こんなことになって!」と憤慨していました。

彼らは、権力者によって迫害され、捕らえられて、洞窟に閉じ込められたようでした。

 

その後、「もう神様を信じない。自分の力で人生を切り開くんだ!」と決意して、父親が決めた相手との結婚も断り、好きな人と結婚し、自分で仕事をして、二人の男の子も生まれ、最後は老衰で亡くなりました。

 

そんな幸せな人生の最後に思ったことは、「自分の力でやってきたと思っていたけれど、本当は、ずっと神様に守られていたんだ!」ということでした。

 

そして、肉体を離れたあと、「神様の愛は無限で、自分が信じなくても、自分が裏切ったとしても、その愛に変わりはない。」という『悟り』ともいえるような思いが出てきました。


今世のその方も、その思いを同時に味わっていました。

 

ヒプノから覚めた直後に、「神様の愛って『無限の愛』としかいいようのない、本当に大きな大きな愛なんです。」と言われました。

 

最後にしきりにおっしゃってたのは、
「な〜んだ。勝手に作って勝手に悩んでるだけなんだ。よかった!」


「自分で勝手に思い込んでただけで、最初から許されてたんだ!」という言葉でした。

 

 

「な〜んだ」と思ったとき、キュ−っと固まっていた心がゆるんで、悩みがほどけていきます。


同時に体もゆるんで、自然な笑顔になるんですね。

悩みがほどけたあとの素敵な笑顔を見ると、いつも本当によかった!と思います。

みんなのえみりん | 前世体験 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
恐がり猫の引越
ニャンズ
以前飼っていた猫は、キャリーに入れて移動する時も、5時間くらいは一声も鳴かずに悠々としていたので、国内、国外の引越も問題なく連れて行けました。

ところが、今回引越を手伝った母子猫の子猫の方は、少しのことで隙間に隠れたり、わずかの距離を運ぶ間も鳴き続けるくらい恐がりなので、どうやったらスムーズに引越できるか、戦略を考えました。


まずは情報収集

長年ノラ猫の保護活動をして、家にもたくさんの猫を飼っているクライアントさんに、引越した時のことを聞きました。

「大勢いっしょだから大丈夫だと思って、新しい家に着いてすぐ放したら、パニックになって大変でした!」
「運ぶ時に、暴れてキャリーケースのフタを開けちゃうこともあった」とのこと。


用意したもの

・キャリーケースと洗濯ネット2組

・フラワーエッセンススプレー(環境の変化から保護するウォルナット、テリトリーを守るウォーターバイオレット、緊急用のレスキューレメディーをブレンド)


引越当日

荷物を乗せたトラックを見送ったあと、猫たちに言い聞かせてから、猫の体、洗濯ネット、キャリーケースの中にフラワーエッセンスをスプレーして、まず洗濯ネットを被せてからキャリーに入れました。

電車の乗り換えで歩いている間は、子猫が鳴くので、それに応えるように母猫が鳴いて、大合唱になってましたが、幸いイヤな顔をする人はいなくて助かりました。

引越先に着いて、荷物を運び入れる間は、キャリーに入れたまま、お風呂場に置いておきました。

引越屋さんが帰ったらすぐケージを組み立てて、中にスプレー。

洗濯ネットに入れたまま、ケ−ジの中へ入れてからそっと放しました。


引越翌日

ケ−ジの扉を開けたら、少し出ては戻るを繰り返したあと、家の中を活発に動き回るようになりました。
みんなのえみりん | フラワ−エッセンス | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マリ−・アントワネットのバラに強烈なパンチをくらいました!
これは、先日のチャリティイベントでのバラとの交流ワ−クのあとで、参加者の一人が口にした言葉です。

バラ園の一角に、ベルサイユのバラコ−ナ−があり、オスカル、アンドレ、アントワネット等の主な登場人物の名前がついたバラが植えられていて、アントワネットのバラは、大輪の真っ赤な華やかなバラでした。

「オスカルのバラの鮮烈な白が良かった!」という感想もありました。

フェルゼンは貴公子然とした薄い紫のバラ、ロザリ−はピンクの可愛らしいバラで、それぞれの人物を表すバラが的確に選ばれていました。


そんな際立つバラとは対照的な地味なバラがふと目に入って、顔を近づけると、なんともいえない甘い香りに包まれ、その瞬間、「ただあるだけ」という言葉が伝わってきました。

このニュアンスに一番近いのは、なんだろう?

もしかして、「無為」ということかなと思って、あとで、「無為」を検索してみました。
多分一番近いのはこれでしょう。↓

『老子』でいう「無為」とは、意図や意思、主観をすべて捨て去って、「道」(天地自然の働き)に身を任せて生きているありよう


そういえば、セラピ−を始める前から、私にとって、理想の癒しは「無為にして化す」だと思っていたことを思い出しました。

「聖人の偉大な徳は特に教育をほどこさなくても自然に人民を教化する。」という意味だそうですが、なにか特別なことをしなくても、会うだけで相手が勝手に元気になってしまう、そんな存在に憧れていました。


あれから約20年、たくさんのスキルを学んで、セミナ−にもいっぱい通って来たけれど、本当に大事なことは何か、このバラが原点を思い出させてくれました。

以前にも、同じバラ園で、「希望」という名のバラから、「どんなところにも希望はあるから大丈夫」というようなメッセ−ジをもらって、とても慰められたことがあって、「バラからのメッセ−ジ」という日記に書きました。


植物や赤ちゃんは存在自体が愛で、そこにいるだけで十分ですよね。

大人だって、本来はそうだったはず。

「余分なものを取り払って、本来の姿に戻りたい」と切に思いました。

クリ−ム薔薇
みんなのえみりん | スピリチュアル | 19:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【熊本震災チャリティ企画】バラに癒され元気になって、癒しのエネルギ−を届ける会
鶴舞公園バラ園
花に癒された体験は誰にもあると思います。
様々な花の中でも、バラは、ダイレクトにハ−トに癒しのエネルギ−を与えてくれます。

そんなバラの花に癒されて元気になりたい方、人との関わりの中で心がへこんでいる方、
災害の様子を見て胸が痛んでいる方、そんな方に来ていただきたいイベントです。

フラワ−エッセンスセラピストが植物との交流のコツをお伝えし、様々なバラ から癒しのエネルギ−を受けとれるようにします。

バラと交流した後は、公園内にある古民家カフェ「ヌンクヌスク
で、『ほめ愛ランチ』を楽しみながら、言葉の持つポジティブなエネルギーを与え合います。

最後に、みんなで心を合わせて、必要な地域や地球に癒しのエネルギ−を送ります。


この会に参加することであなたが学べる、体験できる内容は以下の通りです。

♪ハ−トが癒されて優しさや元気を取り戻せます。
♪植物との交流のコツがわかります。
♪花の個性(エネルギ−の違い)がわかるようになります。
♪植物との交流を助けるフラワ−エッセンスを使用できます。
♪あなたがハッピ−になったり自信が持てる言霊を持ち帰れます。
♪あなたと同じような繊細な感性を持つ仲間と出会えます。
♪被災者の支援ができます。
(会費の半額を熊本助産師会に寄付。当日は被災地に癒しのエネルギ−を送ります)


このイベントに参加できるのは、色とりどりのバラがいっせいに咲く今だけです。

この会を通して、参加いただいたあなたが優しく元気な本来の姿になり、 人と植物とが真に共生する社会が実現していくことを願っています。

あなたのご参加をお待ちしています。


◆イベント詳細

【熊本震災チャリティ企画】バラに癒され元気になって、癒しのエネルギ−を届ける会

【日時】

2016年5月17日(火)11時〜14時(鶴舞公園は一日中開いています)

【会場】

鶴舞公園 

住所  愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目
アクセス JR東海中央本線・名古屋市営地下鉄鶴舞線 - 鶴舞駅前

【参加費】

4,000円+ランチ代実費(1,000円〜)(税込)
(参加費の半額を熊本助産師会 に寄付いたします)

【参加特典】

1 あなたに愛と自信を与える「ほめ愛シ−ト」を持ち帰れます。
2 ハ−トを癒すバラの花のフラワ−エッセンスを、ご希望の方に千円でお分けします。

【定員】5名

【持ち物】帽子・水・筆記具

【お申し込み・お問い合わせ】

TEL  090-6080-5450(西野) 
主催:くつろぎ空間多羅

※大雨以外雨天決行(雨の日は人が少なく植物との交流がやりやすくなります)    

※お支払い方法は、お申込み後にお知らせいたします。 

※お支払い後にキャンセルされた場合は、全額を寄付に当てさせていただきます。

【講師プロフィール】

西野絵美子 くつろぎ空間多羅主宰 コ−チ&セラピスト 
フラワ−エッセンスセラピストとして、16年間心の癒しに携わる。
バッチレメディを学んだ後、スコットランドにある共同体で作られるフィンドホ −ンフラワ−エッセンスを、
創始者のマリオン・リ−から学び、自身でも、そばの花やヤマユリの花、バラの 花からオリジナルエッセンスを作成。
毎年夏には、開田高原のサロンで、植物との交流ワ−クや、エネルギ−ワ−ク等、癒しの合宿セミナ−を開催している。
http://369.holy.jp/profile/


【追記】

会には参加しないけど、被災された妊婦さんや産後まもない母子を支援したいという方へ

熊本助産師会の「熊本地震ご支援についてのお願い」はこちらです。
http://www.web-clover.net/mw-kumamoto/news/detail/20160427115509183.html
みんなのえみりん | フラワ−エッセンス | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/18PAGES | >> |