01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
好きなんです。縁を感じるんです。

御嶽山

 

昨日は、どん晴れで、御嶽山がくっきり見えました。


気温はマイナス10度でしたが、風がなかったので、さほど寒さを感じませんでした。

 

今日は、朝からしんしんと雪が降っていて、気温はマイナス4度。暖かい方ですね。

 

こんなに寒くて、ス−パ−もコンビニもないような不便な所に、どうして都会から越すのかと疑問に思う人が多いようで、「それは大変ですね〜」と、気の毒そうに言われたりします。

 

どうしようもないような男性と結婚しますと言った時の周りの反応ってそんなかなぁと想像してしまいます。


そんな時、最後には、「でも、好きなんです。縁を感じるんです。」というしかないのでは・・・。

 

私にとっての開田高原も、とにかく好きで、縁のある場所なんです。

 

最初に出会った21年前から毎年通い続けてますが、行く度にうれしくて、帰る時は後ろ髪をひかれる気持になります。

 

6年通ってから建てた家(木せい舎)の居心地良さも大きいと思います。

素晴らしい設計士さんや工務店さんと出会えて、「心からくつろげてありのままの自分を表現できるスペ−ス」という意図をそのまま形にしてもらうことができたからだと思っています。

 

いよいよ、今月末からは、通い婚を終えて、開田高原に腰を据えることになります。

 

今度は、今までと反対に、時々、名古屋に仕事やボランティア活動に行くことになると思います。

 

好きで結婚した人だけど、暮らし始めたら、見えてなかった欠点が耐えられなくなって離婚というのもよくあることですよね。

実際にずっと住むようになったら、「もう無理〜」ってことになるかもしれません。


とりあえず期限を区切って、それまでは、この大自然の中で五感を磨いて、フラワ−エッセンスやヒプノのセッションの質を高めていきたいと思っています。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

みんなのえみりん | 開田高原 | 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絵画展に行ったこと&HSPブログの紹介

絵画展

 

以前、数秘カウンセラ−養成講座を受けられたMihoさんの絵画展に行ってきました。

 

作品は、広々としたカフェの壁面至るところに飾られていましたが、空間に自然に溶け込んで、いい雰囲気をかもしだしていました。


家にもそんな絵があったらいいなぁと思いましたね。

 

絵画展は25日(土)まで、各霧原市の町家カフェ太郎茶屋鎌倉で開催してます。


Mihoさんは、数に対して独特の感覚をお持ちの方で、今回の絵画展の題名NISHIO Miho Exhibition瓠000010』展の000010瓩砲弔い董△桓身のブログに以下のように書いています。


000010
これは、不思議な数字です。
嫌なことがあった時も、悲しい気持ちになった時も、
この数字をイメージすれば大丈夫。
全てのことは起こるべくして起こっている。
そしてそれは最善のこと。
それが、この数字の意味。

 

Mihoさんと初めてお会いした時、数についての不思議体験を聞かせてもらって、とても興味深かったのを覚えています。


世の中には本当にいろんな人がいて、こういう素敵な出会いがあることも、私のような仕事の醍醐味だと思いました。

 

Mihoさんは、ご自身が、HSP(Highly sensitive person)つまり繊細すぎる人だということがわかって救われたそうです。

同じくHSPのお子さんを上手に育ててみえます。

 

HSPであるがゆえの生きづらさに悩む人に向けてブログを発信されているので、繊細過ぎて悩んでいる人や、家族にHSPと思われる人がいて対応に悩む人に、何かと参考になると思います。

 

お母さんは芸術家 HSPの子育てどうしてる?

https://ameblo.jp/artstudioanoano

みんなのえみりん | お知らせ/報告 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
脱稿〜!

上高地

 

数年前、ひょんなことで本を書くことになりました。

 

書き始めてしばらくしたら、目の疲れが取れなくなって、目に良いフラワ−エッセンスやブル−ベリ−のサプリを飲んだり、三点倒立をしたり、パソコンやスマホをなるべく見ないようにしたり、いろいろ工夫しました。

 

でも、治らなくて、けっこう長い間、原稿を休むことになり、結局、締切りを延ばしてもらって、最終締切が今年9月になりました。

 

9月中は、今まで書いた原稿を見直して修正するだけの予定でしたが、ある出来事によって、もう一章追加する必要を感じました。

 

それを書かないと完成にはならないと思ったので、メルマガ他パソコンを使う作業はなるべく休んで、集中して取り組みましたが、毎日パソコンに向かうのは目の負担が大きいので、時々遠出しました。

 

一箇所は、伊勢神宮。
「伊勢に参るなら、正五九」と言われているし、9月はぜひと思ってました。

 

もう一箇所は、上高地。
学生時代に穂高に登っているので、上高地には行ったことがあるはずなんですが、全然覚えていませんでした。

 

両日とも、前後の日は雨でしたが、その日だけは晴天で、とてもリフレッシュできました!

 

おかげで、なんとか原稿を送れました。

 

今月から、校正に入るとのこと。

まだ完成までにはいろいろありますが、とりあえず目の負担は減りそうで、ほっとしてます。

 

写真は上高地。

河童橋近くで売ってるアップルソフトクリ−ム超オススメです!

みんなのえみりん | お知らせ/報告 | 20:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋で本格的なバリダンスとガムラン演奏公演

バリダンス

 

以前、バリダンスで何年間かお世話になった先生が、20周年記念公演をされるということで、新しくオ−プンしたスタジオに行ってきました。


バラエティに富んだ演目10曲は見応えがあり、久しぶりのガムラン生演奏も堪能しました!

 

ぎっしり並べた丸イスでは足りなくて、舞台の座布団席もいっぱいなほど盛況でした。

 

座布団で子供が寝ていたり、ビ−ルを飲みながら観れるゆるさも、バリっぽくていい感じでした。

 

踊り終わった人が次の演目を紹介してくれたのも良かったですね。

(取り組み後の力士インタビュ−みたいにハアハアしてたのがちょっと気の毒な気もしましたが・・・)

 

20年の間にはいろいろあったでしょうけれど、ずっと精進して来られて、多くの生徒を育てて、ここまで本格的なバリダンスを披露するまでになられたことに感動しました。

みんなのえみりん | お知らせ/報告 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
勾玉の形をした楽器

先日、木聲舎(もくせいしゃ)に来られたお客さまが、「真琴」という楽器を持ってきてくれました。

 

ポロロンと奏でると、なんて雅びな優しい音!

 

日本歌曲が合う音色で、「竹田の子守歌」を弾いてもらって、とても癒されました。

 

さらに、真琴をお腹の上に乗せて弾いたり、頭の上で弾いてもらったら、なんとも心地よく、心と体がゆるみました。

 

大昔、そんな風に、楽器や声によるト−ニングによって、病人を治していたのではないでしょうか・・・。

 

時には、寿命を迎えた人が安らかに旅立てるように、美しい音色でお見送りしていたのかもしれない・・・そんなことを想像してしまう楽器でした。

 

真琴

みんなのえみりん | 心・健康・美容 | 14:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
斜め猫たち

毎年のことですが、夏に開田高原に来ると生き返ります。
汗びっしょりにならずに動けるし、夜は布団をかけてゆっくり眠れます。

 

しばらく来れなかったので、庭の雑草がすごいことになっていました。

 

草刈り、薪スト−ブの灰だし、家の片づけ、掃除、洗濯等を手分けしてやって、今月泊まりに来るお客さまを迎える準備ができました。

去年の残りの蕎麦の実も、整地して播きました。
うまく発芽してくれるといいけど・・・。

 

この前の地震で、棚に置いてある木彫りの猫が斜めになっていましたが、なんか可愛かったので、そのままにしてあります。

 

バリ猫

 

みんなのえみりん | 開田高原 | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こんな名古屋めしがあったんだ!

名古屋で、午前から午後にかけて数秘講座をする時のお昼は、持ってきてもらうか、近くのカフェに行くことが多いんですが、先日、メニュ−を見るなり、鉄板ナポリタンを注文した方がみえました。

 

ナポリタンが鉄板に乗ってるだけだと思っていたら、鉄板の上に玉子焼きが敷いてありました。

 

名古屋に住んで22年、まだ食べたことのない名古屋めしがあったとは!


その前日は、名古屋駅ホ−ムの立ち食いきしめんを初体験。

 

新幹線ホ−ムのきしめんが一番美味しいという噂だけど、娘が何度も食べ比べた結果は、7〜8番線ホ−ムが一番とのこと。

(お店がきれいなのは、5〜6番線だそうです)


ひつまぶし、味噌煮込みうどん、味噌カツ、エビフライ、天むす、あんかけスパ、手羽先、小倉ト−スト以外にも名古屋めしがあったら、ぜひ教えてください。

 

名古屋にいられるのもあと半年くらいの予定だから、その間に食べておきたいと思って・・・。

 

鉄板ナポリタン

みんなのえみりん | 雑感 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
天使の願いの叶え方

 

先週の5日間、わが家に五大天使が滞在していました。

 

「ホスティング・エンジェル」というものです。

 

ミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエル、メタトロンの五大天使が世界中の家を訪問して、世界のため、その家族のため、個人のための3つの願いを叶えてくれるそうです。


かなり前にも、友人から、「次の訪問先にどう?」と言われた時は、引き受けたものの、忙しくて、結局何もおもてなし出来ないまま、送り出してしまったことがありました。

 

おもしなしと言っても、白い花とキャンドルとリンコを用意するくらいなんですが・・・。

 

今回は、願い事もちゃんと書いて封筒に入れました。


”世界平和”と”家族の幸せ”と私のためには”原稿の完成”を願い事にしました。

 

大分締切りを過ぎているのに、まだ先が見えていない原稿をなんとか進めたいと思いながら、細切れ時間では一向に進まないし、集中して書こうとすると、目が疲れてパソコンを見ていられなくなるという状態が続いていました。

 

タイマ−をかけて、20分書いたら、いったん立って、5分くらい別の用事をしてから、またパソコンに向かうというやり方をしていましたが、それだと段々目の疲れが増していくので、続けられなくなっていました。


天使を家に迎えた日から、風邪をひいてしまい、咳がひどかったので、出かける予定はすべてキャンセルせざるを得なくなりました。

 

ただ、熱は37度くらいだったので、最低限の家事をしながら、20分書いて、1時間以上寝てという間隔で5日間続けてたら、なんとか形になってきました!

 

そして、天使たちを送り出した翌日から、熱が38度以上に上がりました。


多分こういう方法でしか書き上げることは無理だったんだろうなと思います。

 

単なる偶然と言えばそれまでだけど、「天使たちがユニ−クな形で願いを叶えてくれた」と思った方がうれしいので、そう思ってます。

みんなのえみりん | スピリチュアル | 18:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
胎内記憶

昨日は、名古屋市内で開かれた池川明先生の講演会に行ってきました。


赤ちゃんを抱っこしたお母さんが大勢来ていましたが、不思議なくらい、赤ちゃんの声が気にならずにお話に集中できました。
講演の最初に、「『これから大切なお話を聞くから静かにしててね』と赤ちゃんに語りかけて、終わった時に「ありがとう」と言ってください。』というお話をしてくれたからでしょう。

 

紹介したいお話がたくさんありますが、中絶や流産した赤ちゃんのことについては、「ようこそ赤ちゃん」のブログに書いたので、こちらでは、主に胎内記憶について書きたいと思います。

 

「胎内記憶」という言葉が初めて使われたのは、昭和50年代で、お腹の外で鳴らした音を赤ちゃんが覚えているかという研究の報告だったそうです。

 

その後、七田チャイルドアカデミ−から、「胎内記憶」という本が出されました。
右脳教育とか退行催眠をやっているところでは、胎内記憶を当たり前のことと捉えているとのこと。
(本当にそうです。時々、ヒプノセラピ−で、クライアントさんがお腹の中にいた時に戻る場合がありますが、お母さんの気持や外の様子までお話されます。ヒプノセラピ−を受けなくても、私自身は自然に思い出したこともありました。)

 

そして、生き辛さを抱えている人2千人に退行催眠をして、「あなたはこの世に生まれたいと思って生まれてきたんですか?」と聞いたところ、「そうじゃない」と答えたのは6人だけだったそうです。

 

アンケ−ト調査の結果、「空の上から親を選んで生まれてきた」と答える子が多かったとのことですが、子どもが行くと言わないと生まれて来れないし、さらに父母の許可証がないと行けないそうです。
「子どもは親を選べない」というのが今の常識ですが、近い将来、常識が変わっていくのでしょうね。

 

印象に残ったのは、以下の話でした。


○いい教育とは、自分で決めて自立する大人にすること
○お産がよくならないと教育はよくならない
○子どもは生まれて来ただけで完璧!
○子どもにとっては、お母さんがただニコニコしているのがいい
○子どもの幸せを願うなら、絶対お母さんが幸せでないとだめ
○お母さんは、子どもを生んだ自分自身に感謝すること
○最近生まれてくる子どもたちは、地球が壊れる方向に行ってるので、地球を救いに来ている

 

今回は、NPO法人ひだまりの丘10周年記念のイベントでした。
素晴らしい講演会を開催してくださってありがとうございました。

 

2-13講演会

みんなのえみりん | スピリチュアル | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お年玉プレゼント

数秘と花のカ−ド

 

くつろぎ空間多羅では、自分でできる心の整え方などを書いて、毎週1回、メ−ルマガジンで配信しています。


今年始めのメルマガで、お年玉プレゼントとして、「数秘と花の聖なるカ−ド」から、その方の今年の周期数のメッセ−ジをお伝えしたところ、とても喜んでいただいたので、この日記を読んでくださった方にもプレゼントしたいと思います。


1月中に、無料メルマガ(たあら通信)に登録してくださった方に、あなたにとって、2017年がどんな年なのか、あなたの持つどんな質を伸ばしたらいいのかについてメッセ−ジをお送りします。


ご希望の方は、たあら通信の紹介ペ−ジから登録後、「お年玉」の件名で、お誕生日をお知らせください。


登録後メ−ルを送ってくださった方全員にプレゼントいたします。


ちなみに、昨年お届けした「たあら通信」の件名は以下のようなものでした。

・人にどう思われるか心配

・思い込みを見つけるワ−ク
・サザエさん性格
・なぜできない?と思うのは自然なこと
・理想の自分ならどうする?
・自分らしく生きると決めたあなたへ
・幸せになるお金の使い方
・こじれた関係の相手と話さなければならない時
 

みんなのえみりん | 数秘 | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1/19PAGES | >> |